宮沢氷魚は父の思いが込められている本名だった!!読み方は?

筆者は宮沢氷魚さんを見たときに
誰かに似ている誰かに似ている・・・
と思いました。

そして

父親を知ったとき
モヤモヤが消えました。


皆さんはご存じだったでしょうか?


あの有名な『THE BOOM』の
宮沢和史(みやざわかずふみ)さんが父親だそうです。

やっぱりそっくりでした~!!


「島唄」、「風になりたい」が懐かしい!


そんな父親をもった宮沢氷魚さんですが、
彼も才能に溢れています。


テレビドラマ出演や舞台公演、映画主演、
更にはファッションモデルでもあります。


こんな多才な宮沢氷魚さんの


本名が気になりませんか?

また

『氷魚』は何て読むのでしょうか?


これからお伝えしていきますね。

目次

宮沢氷魚の本名は?


出典元:SPICE

結論から申し上げると,宮沢氷魚さんの本名は

宮沢氷魚です。


『氷魚』がもしかして芸名なのでは?
と思っていましたが違いました。


本名だったのですね。

宮沢氷魚の『氷魚』の読み方は?


出典元:with online

さて漢字の弱い筆者は、
『氷魚』と言う漢字はチンプンカンプン。


ひょうぎょ?こおりざかな?
と読んでしまいます。


何て読むのでしょうか?


調べてみたところ

『ひお』と読みます。


全然違いましたね(笑)

スッキリしました!!

宮沢氷魚はなぜ本名で活動することにしたのか?


出典元:シネマトゥデイ

宮沢は氷魚さんは父,宮沢和史さんの事を
大変尊敬されています。


目標とされている人物として
父、宮沢和史とおっしゃっています。


いろんな仕事が出来る所や、
長いこと一線でやれている所を
大変尊敬されてるとのことです。

それは、

宮沢氷魚さん自身も、
「長くやっていきたい!」
という目標を抱いているからです。


宮沢和史さんの元で生まれ宮沢和史から
『氷魚』という名前を授かった。


尊敬している父から授かった名前を使い、
芸能界で仕事をする事にに対して、
誇りに思っているのではないでしょうか?

その為

何のためらいも無く
本名を使い活動を決めたのでは無いかと
考察します。

宮沢氷魚の本名の由来は?


出典元:スポニチ

父の宮沢和史さんが『氷魚』と名前を付けました。


なぜ氷魚と名付けたのか?

それは

『氷魚』は鮎の稚魚のことを指します。


氷魚は秋から冬にかけての
厳しい環境かにおいて
琵琶湖に多く生息しています。


そんな冷たい湖の厳しい環境下においても
生き抜いていることから、

息子にもそんな鮎の稚魚の『氷魚』のように
強く生きて欲しい
という父の思いが込められて
名付けられたそうです。


出典元:酢飯屋

鮎の稚魚(氷魚)がどんな魚なのか
知りたかったので調べてみました。


上の写真は両方とも鮎の稚魚(氷魚)です。


こんなに細身でひ弱そうに見え『氷魚』ですが、
厳しい環境をの乗り越えるっことが出来るんですね。


宮沢氷魚さんも背が高く細身に見えますので、
なんか似てる気がします。

宮沢氷魚が本名だとビックリ!

皆さんは
宮沢氷魚が本名だったとは

思っていなかったような
コメントをされております。

驚きの声ですね!!

まとめ

出典元:Twitter

いかがだったでしょうか?


本名で活動されている事や
前の読み方も分かりスッキリしましいたね。


父の思いに答えるかのように
成長し続ける宮沢氷魚さん!


今後の更なる活躍を見届けたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次